# Lint

# 設定

プロジェクトで lintをするために ESLint を使用しているのであれば、TypeScript ファイルを ESLint で lint する方法は次のとおりです。

必要なことは、@nuxtjs/eslint-config-typescript をインストールすることだけです:

TIP

すでに @nuxtjs/eslint-config を使用している場合、Nuxt TypeScript ESLint に含まれているので依存関係から削除してください。

npm i -D @nuxtjs/eslint-config-typescript
# または
yarn add -D @nuxtjs/eslint-config-typescript

そして、 ESLint設定ファイル .eslintrc.js を作成または編集して @nuxtjs/eslint-config-typescript を extends に入れます :

module.exports = {
  extends: [
    '@nuxtjs/eslint-config-typescript'
  ]
}

WARNING

ESlint が TypeScript パーサー(@typescript-eslint/parser)を使用するようにするために、parserOptions.parser オプションが拡張した他の設定等によってオーバーライドされないことを確認してください。

パーサーとして babel-eslint を使いたい場合は、.eslintrc.js と依存関係から削除してください。

最後に、package.jsonlint スクリプトを編集します。

"lint": "eslint --ext .ts,.js,.vue ."

これで npm run lint(もしくは yarn lint)を実行して TypeScript ファイルを lint できるようになりました。

TIP

TypeScript ESLint のルールを編集/上書きする必要がある場合は、こちらでサポートしているルールの一覧をみることができます。

# ランタイム lint

ランタイム lint(ファイル保存後に ESLint を実行する)が必要な場合は、typeCheck モジュールオプションを設定することで fork-ts-checker-webpack-plugineslint 機能を有効にすることができます。

export default {
  typescript: {
    typeCheck: {
      eslint: true
    }
  }
}

TIP

typeCheck.eslintOptions で特定の ESLint オプションを指定することもできます。

ファイルを保存するたびに、コードの型チェックと lint の両方が行われます。