# ストア

TypeScript を使用している Nuxt プロジェクトでは、ストアにアクセスしたり、書き込んだりするためにさまざまなオプションがあります。

# クラスベース

# vuex-module-decorators

最も人気のあるアプローチの1つは vuex-module-decorators です。- ガイドを参照してください。

WARNING

現在、nuxt-module-decorators には非常に深刻なセキュリティ問題があります:クロスリクエストの状態汚染があるため、SSR ストアにリクエスト固有の情報がないことを確認してください。修正の状況については、この PR を参照してください。

Nuxt で使用するために重要な条件がいくつかあります:

  1. モジュールは stateFactory: true で装飾する必要があるため、以下のようにします:

    ~/store/mymodule.ts:

    import { Module, VuexModule, Mutation } from 'vuex-module-decorators'
    
    @Module({
      name: 'mymodule',
      stateFactory: true,
      namespaced: true,
    })
    class MyModule extends VuexModule {
      wheels = 2
    
      @Mutation
      incrWheels(extra) {
        this.wheels += extra
      }
    
      get axles() {
        return this.wheels / 2
      }
    }
    
  2. 各コンポーネントで初期化せずにストアにアクセスした場合は、initialiser plugin を使用してアクセスすることができます。例: ~/store/index.ts:

    import { Store } from 'vuex'
    import { initialiseStores } from '~/utils/store-accessor'
    
    const initializer = (store: Store<any>) => initialiseStores(store)
    
    export const plugins = [initializer]
    export * from '~/utils/store-accessor'
    
  3. Nuxt アプリケーションインスタンスにアクセスしたい場合は、プラグインと同様に設定を行う必要があります。例: ~/plugins/axios-accessor.ts:

    import { Plugin } from '@nuxt/types'
    import { initializeAxios } from '~/utils/api'
    
    const accessor: Plugin = ({ $axios }) => {
      initializeAxios($axios)
    }
    
    export default accessor
    

    ~/utils/api.ts:

    import { NuxtAxiosInstance } from '@nuxtjs/axios'
    
    let $axios: NuxtAxiosInstance
    
    export function initializeAxios(axiosInstance: NuxtAxiosInstance) {
      $axios = axiosInstance
    }
    

    ~/store/users.ts:

    import { Module, VuexModule, Action, Mutation } from 'vuex-module-decorators'
    import { $axios } from '~/utils/api'
    import { User } from '~/types'
    
    @Module({
      name: 'users',
      stateFactory: true,
      namespaced: true,
    })
    class UserModule extends VuexModule {
      users: User[] = []
    
      @Mutation
      setUsers(users: User[]) {
        this.users = users
      }
    
      @Action
      async getUsers() {
        const users = $axios.$get('/users')
        this.setUsers(users)
      }
    }
    

# vuex-class-component

vuex-class-component は Nuxt ストアに対する非常に有望なクラスベースのアプローチであり、シンタックスは vuex-module-decorators にとても似ています。新しい API をリリースしましたが、Nuxt との互換性は完全ではありません。回避策はデコレーターでモジュールを定義することです。

@Module({ namespacedPath: 'foo' })
export default class extends VuexModule {}

Nuxt との互換性問題の現在の状態については、このイシューを参照してください。

# Vanilla

# 基本的なタイピング

Vuex はストアを使用するために非常に基本的な型を提供しています。これらを使用してストアを定義することができます。例:

~/store/index.ts:

import { GetterTree, ActionTree, MutationTree } from 'vuex'

export const state = () => ({
  things: [] as string[],
  name: 'Me',
})

export type RootState = ReturnType<typeof state>

export const getters: GetterTree<RootState, RootState> = {
  name: state => state.name,
}

export const mutations: MutationTree<RootState> = {
  CHANGE_NAME: (state, newName: string) => (state.name = newName),
}

export const actions: ActionTree<RootState, RootState> = {
  fetchThings({ commit }) {
    const things = this.$axios.$get('/things')
    console.log(things)
    commit('CHANGE_NAME', 'New name')
  },
}

# ストアへのアクセス

# nuxt-typed-vuex

Vuex はアプリケーションからストアへアクセスするための便利な型を提供していません。this.$store は Nuxt アプリケーションで型指定されていないままです。

nuxt-typed-vuex という新しいプロジェクトがあり(ガイド)、このプロジェクトは素の Nuxt ストアに強く型付けされたアクセサーを提供することで上述の件を改善することを目的としています。

# 自前のものを使う

もう1つの方法としては、使用時に自前の型を提供することができます。

~/components/MyComponent.vue:

<script lang="ts">

import { Component, Vue } from 'nuxt-property-decorator'
import { RootState } from '~/store'

@Component
export default class MyComponent extends Vue {
    get myThings() {
        return (this.$store.state as RootState).things
    }
}